あしたのしあわせ

人生は夢だらけ

「これが僕らのおこたしゃべり」に寄せて

書くところがないけど、書きたいことが溢れてとまらないので、ここにパンフレット「これが僕らのおこたしゃべり」について書きます。もちろん自分用です。内容にがんがん触れていきます。f:id:mzn1224:20190916125602j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作家の福田さんがデザイン、イラスト、構成をやられているのだけど、ま〜〜〜〜すべてのセンスが良くて…素敵すぎるのです。手書き文字のかわいさ、イラストのうまさ、キュートさ、ふたりへの愛情を存分に感じられて、全部が好きです。作家さんデザインのグッズをsuzuriで出してください。お願いします。金を積みます(真顔)わたしはいつだって本気です。

【おこた辞典】は最初のおこたんどくから冊子で配っていたものの最新版で嬉しい。関連用語、関連人物の情報の充実。成岡さん(台風クラブ)はもちろん、コヒロさん(いちごひとふり)(元々養成所時代はすがこさんの相方だった)やりょうちゃん(一本槍)も入ってるのが同期の絆を感じさせる。【トンボ】の項目内容とても好き。

【今更対談】このパンフレットのメイントピックとして発表されていたのがこの「ぼくと森本の対談」(と「小澤さんのコラム」)だったわけだけど、ただの生配信の書き起こしすぎて最高なわけで…すがこさんがフリスク食べて咳き込むところがちゃんと書き起こされてるの、草しか生えません。

まず冒頭の 森本「早速!?お前、今日絶好調かよ。」好きすぎ。配信が始まったきっかけについて話していますが、元々ふたりで自主ラジオ的なものやりたいね〜って言ってたんだな…。「なんでその日だったのか、いまだに謎」とおっしゃいますが、明確なきっかけ作ったのはやっぱり大島さん(XXCLUB)のはず。始める一週間ほど前に大島さんのLINELIVEに森本さんが出て、大島さんにコメントへの反応の巧さをべた褒めされたから完全にその気になってしまったんですね。おこたしゃべりの祖である大島さんには足を向けて寝られません。なんとなーくのノリでふわっと始めて今日まで続いている奇跡よ。

あと冗談手帖(BSフジ)で鈴木おさむ氏にいろいろ言われたのも大きいのかもな〜とぼんやり思ったりしてる。いまの時代、ネタで結果残して売れていくのってめちゃくちゃたいへんじゃないですか、コスパも良くないし、おもしろいひとなんて山ほどいるし、ファイナリストになっても食えてないひとが結構いるという悲しい事実…。YouTubeにしろ、ブログやSNSにしら、自分たちで発信できるメディアをたくさん持てるいまの時代ってやっぱりおもしろいよね…。そして森本さんはSNSの使い方、発信の仕方がとても上手でだなあ…って前から思ってる。向いてる。

森本さんが思い入れであげている「R-1一回戦前夜」はやっぱり名作ですよね。爆笑×ハートウォーミング、森本さんがきゃっきゃっしてたの懐かしい。たしかに生配信ならではのドキュメンタリー感、ここから始まった感はある。

感動のR-1ぐらんぷり前夜【おこたしゃべり】 - YouTube

すがこさんの思い入れ「どこでもすがこコンテストファイナリスト発表会」もめちゃくちゃ笑った。まず三人とも白シャツで揃ってるのがおっかしいもんね。あの写真を撮った上野動物園デート回も大好きです。顔面ポテンシャルが強すぎるふたり。どんどんお顔が似てきている。

【ゲスト回】アントワネット小澤登場!すがこと動物園に行った話!【おこたしゃべり】 - YouTube

【ゲスト回】アントワネット小澤登場!どこでもすがこの結果発表!生配信SP【おこたしゃべり】 - YouTube

単独ライブをやるきっかけになったエピソードも少し運命的に感じてしまう。人力舎の事務所ライブ「バカ爆走」にすがこさんがボケで出たいと言ったらトントン拍子に話は進み、チケットは数年ぶりに完売!(個人的にはそんなに事務所ライブって埋まらないものなの?って思ってしまった)それにすっかり味をしめたふたりは、半年間毎月単独を打つハイペース。そして、最初のキャパ6倍の会場を埋められるの、やっぱりすごいとおもうよ?いくら毎日やっているとはいえ、たったの一年半だよ?

インスタライブからYouTube LIVEに主軸を変更したのは2019年4月頃。なぜかインスタに妙にこだわっていたあの頃。大物や芸人仲間が視聴してくれるのを知れるいわゆる「炙り出し」はできなくなったけれど、やっぱりYouTubeは断然使いやすい。画質を変えたり、再生速度を変えたり、巻き戻せたり、一時停止も自由だし…プレミアムもあるしねえ。トークがキレキレ過ぎても毎日見るのはしんどい。でもおこたーが期待しているのはほんとうに「量」なのか??量で質をカバーしようとし始める配信狂おそろしい。これはひいき目なのかもしれないけれど、つまんなくて全く見てられない回とかは存在しないです。きょうゆるいな〜とか、疲れてるな〜とか、薄めだな〜とかはもちろんあるけど。それでも配信してくれるのありがたすぎます。無理はしないでほしい、疲れているなら休んでほしいし、たまには羽も伸ばしてほしい。

ご本人がコラムにも書かれているけど、すがこさんのおこたきっかけからの人間関係の広がりは面白すぎます。基本おこたのゲストは森本さん繋がりのひとが9割で、ゲストのほとんどの方はすがこさん初対面の方が多い。小澤さんにはバイト先を斡旋してもらい、すっかり親友となり、フワちゃんとは森本さんと三人で頻繁に遊ぶ仲になり、大島さんとはエンタメの趣味を共有し、すがこさんが後押しした「あなたの番です」考察で大島さんがバズり、岡田さんとはライブ「自意識過剰なふたり」を開催するまでになっていく。もうめちゃくちゃおもしろすぎる…トゥルーマンショーのよう。今後もたのしみなんだよな…。

あと豪華ゲストね。一周年に東京03飯塚さんが来てくださったのは、本当によかった!すがこさんめちゃくちゃ緊張してたの愛おしすぎました。たまたま森本さんとカフェにいた日が一周年だったから来てくれるって、飯塚さんって結構運命的なものが好きだよねw 二周年のときもぜひ来てほしいなあ。

最近ハマ・オカモトさんが来てくれたのはすごすぎた。(森本さんとハマさんはスペースシャワーTVの「ヨルジュウ」という番組でレギュラー共演している)素敵すぎた。おこたの魅力をちゃんと言語化してくださり、武道館の初出し話、下積み時代のお話…もうね、おこたのくせに情報性がありすぎw ほんとうに貴重な時間だったな…チャンネル登録も一気に伸びた。

【ゲスト回】ハマ・オカモトさん登場!!!生配信SP【おこたしゃべり】 - YouTube

「これから」について。森本さんがおこたーへの感謝を述べてくださってるのだけど、いやふたりの有り余る人間的魅力のおかげよ?と本気で思っています。森本さんのおっしゃる「憧れ」はわたしの憧れでもあります。おそらくわたしは「一度好きになったもの長いこと好きでいられる」という特殊能力を持っている気がするので、細くていいので長く続いていってほしいな…と思わずにはいられないのです。

最後の一言は完全にラブです。懐かしいね、これもR-1一回戦くらいが初出かな。初期の懐かしいくだり。

 

【おこた年表】「おこたんこぶ」だけ日付入っていないけど、確か2月4日だった気がしますね。(おこたんこぶっていう人力舎の社員さんのネーミングセンス未だに謎すぎてツボです)

やっぱり北沢タウンホールの初動200枚はすごいよな…まだまだ感動できる。

 

【おこた事件簿】作家さんの漫画超かわいい。

コートのフードかぶってアサシンごっこ…ほんとクラスの隅っこの男子なんだよなw すがこさんが見せようとした「ペンギン」ってポケモンGOかなあ? 失神した原因がぎっくり腰とわかるまで、すがこさんめちゃくちゃ不安だったろうなと思うと胸が潰れる…。なんといってもそんな自分の危機的状況で周りのひとの今後を心配する森本さんってなんなんだろう…。ひとの人生を背負っている自覚ありすぎる…。いつもAI扱いしてごめんだよ。少し反省してます、少しね。

 

【愉快な仲間からのメッセージ】もう全員ラブすぎる…それぞれの個性、文体でおこたへの愛が語られているのです…。

岡田さんの一文目が大好きすぎて、もうたまらないのです。あと手書き文字最高最高。手書きのせいもあるけれど、文章の中身もとてもあたたかく心地よい。この文章を読むと岡田さんが誰よりも高頻度におこたに来てしまうのとてもわかる。でも「腐ったお土産」は勘弁してほしいのですw

小澤さんってこちら側(おこたー)の気持ちを汲み取ってくださるのがいつもうまくて大感謝しているのですが、それは小澤さんもオタク気質だからだと思っています。そして、自分の好きなものと好きなものの共通点を見出して関連づけていくことは、オタクの得意なことです。以前自分たち三人のことをディズニー三銃士(森本:ミッキー、鳥山:グーフィー、小澤:ドナルド)に例えていたのも好きすぎました。「(彼らは様々なものに対し)とてつもなく気を配れます。さすがに30歳なんで。」とありますけど、30歳はおろかいくつになっても気を配れないひとは気を配れないのです。ふたりは特殊で素晴らしいのです。小澤さん、いつまでもわたしたちのTO様でいてください。着いていかせてください。よろしくお願いします。

大島さんの文章の堅さとうまさと賢さと情報量の多さに表される「おこたしゃべりの魅力」ちょっと最高なんですけど。そうなの「いつかは終わる日常だからこそ尊い」尊くて儚い。…泣いちゃうよ、最後うますぎてぞっとする、もちろんいい意味で。

フワちゃん。ゴンさんが、森本さんなの最高すぎるよね。ふたりのベイビー👶ちゃんを肩に載せる森本さん。ベストフレンドフォーエバー💘それに尽きる。

 

【さいごに】ふたりのコラム…両者の内容も文体も全然違いすぎて愛しい。

写真はおもしろいんです。森本さんはトイレで撮ってるし、すがこさんはブレてる。めちゃくちゃいい写真。

森本さんの文章の温度の低さ、好きなんですよねえ…。「自分を情けなく思った」思わなくていいことを思うよね…君のせいじゃない。この場所が我々にとってだけじゃなく、君たちにとっても大切な場所であることを教えてくれてありがとう。現実は時に残酷だけど、お互いに同じ方向を向きながら、立ち向かったり、受け流したりしながら、支え合っていきたい。みんなで一緒に歳を重ねてしあわせになっていきたい。今後もかっこ悪い姿を見て、罵ったり、甘やかしたり、勝手なことばかりたくさん言わせてもらうけど、愛しています。韓流スターなので。

すがこさんは、ほーーーんとラブリーちゃんです👶💘(急降下する偏差値)まず文体がさあ、かわいすぎるのよ!!!!こんなに素直で真っ直ぐでキュートな文章を書けるひとは稀です。どこかかっこつけたり、うまいこと言おうとしたり、ボケを挟んでみたり、芸人さんなら特にするとおもうんですけど、そんなのまったく見受けられません。そしてこの文章で一番言いたいことって「森本さんへの感謝」なんだよな…。なんていい子なの😭ご両親をはじめ、すがこさんの人格を形成する要素をつくったすべてのひとに感謝したいです。(さすがにきもすぎない?)

あとすがこさんの文章を読んで確信したのは、この配信ってふたりがやりたいことを形にしたものなんだ、ふたりの夢なんじゃんって気付いたんですよね。森本さんの夢は「自分のラジオ番組を持つこと」と「コラム連載を持つこと」。つまり、自分の考えやエピソードを披露できる場所が欲しいということ。そして、すがこさんの夢が「にけつっ!」のような「仲の良いふたりで喋る番組をやること」…まさにおこたしゃべりがやってる事じゃん。互いの利が一致しているんですね〜〜!!おもしれ〜!

だからこそ、これで収益が得られてふたりが食うに困らない生活ができてほしいな…それが「おこたしゃべり」の最終的な夢かなあとわたしは勝手にぼんやり思っています。(我々お客さんから金をもらうのを極端に嫌がる森本さんだけどね…)

こんな人間性の良すぎる親友ふたりの日常を毎日見守らせて頂くことができて、わたしはとても幸せ者です。毎日がたのしい。