あしたのしあわせ

人生は夢だらけ

不毛な議論(2/24)

【水曜JUNK新パーソナリティオーディション 審査員:アンタッチャブルザキヤマ
とにかく豪華。ザキヤマが審査員ってだけでも豪華なのに。気合いを感じました。
ザキヤマは冒頭から太巻きと細巻きを差し入れw まだ治りかけのところに土足でがんがん入っていきます。
以下エントリープログラム
ももいろクローバーの「寝ちゃうとオ★シ★オ★キ!」
前回にもやった「ももクロちゃんを責めないで」を。自己紹介はなぜか「好きな工具」を枕詞に。きっちりしてます。
浅香光代の「今夜は許しちゃうよ!」
これがね、とにかくおもしろすぎた。なぜかオープニングBGMはレディガガの「ポーカーフェイス」。トークが終わってちょうどサビというベストタイミング。いい佑ちゃん・悪い佑ちゃん・普通の佑ちゃん。今は佑ちゃんに夢中みたい。至上最高の「お前が歌うんかい!」腹筋が崩壊するかと思ったね。でも、決して毎週は聴きたくないw
クリスチャン・ラッセンの「イルカびいき」
ラッセンはチャド、同時通訳は週刊おぎやはぎ批評でお馴染み升田アナ。とにかくイルカに激甘のラッセン。タイトル通りの「イルカびいき」
花澤香菜の「カナーンがやらねば誰がやる」
声優さんのラジオってこんな感じなんだろうな〜って。
●山里文代・山里清美の「子はかすがい」
一言で表すならば「溺愛」。山ちゃんが唯一知っている愛、そう家族愛に溢れていた。ある意味罰ゲームよね。今夜二度目の「お前が歌うんかい!」
アンタッチャブルザキヤマの「シカゴマンゴ」
CM明け急にタイトルを怒鳴るザキヤマ!シカマンリスナー歓喜の瞬間。そして、ラジオネーム:さすらいダーリン*1による「毒舌ヒーロー登場!」ザキヤマの肩はあったまっているよ。あとはしばんちゃん待ちだよ!
カンニング竹山生はダメラジオ
2年半ぶりの生放送。DigのスタジオからJUNKのスタジオへ。歩きながら放送するの、懐かしい。ザキヤマの指令に従い、プロデューサーに楯突いてみたり。「リスナーの命令は絶対!」を思い出しちゃうよね、どうしても。そしてザキヤマは竹山さんが好きよね〜。
中間発表では、花澤さん・山ちゃん・ザキヤマの順位が最終的にはザキヤマ大逆転!シカマン待望論が勝ってしまった。ザキヤマが提示した条件がまさかの「ア●ルをベロンベロンなめてほしい」…なんでだよ!
不毛な議論ホームページに事の顛末が載っております。山ちゃん…汚れちゃったのね。




わたしは不毛な議論が本当に終わるなんて全然思っていなかった。2月のSPウィークで4月の改編が動くってことは無いだろうし。それにまだ始まって一年だよ?
シカマンすぐ復活しろ!とは言えない。だって枠がないし、一回終わったものが復活するってそんな簡単なものじゃない。でも、今回ので待望されているのが少しでも伝わったのならいいなあ…と思う。待つのは全然苦じゃないです。

*1:見習い作家セパタクローの元ラジオネーム