あしたのしあわせ

はてなブログよくわからない

爆笑レッドシアター

いよいよ最終回…!

  • スリーシアター

ゲスト:関根勤勝俣州和・YOU
・言い回しの珍しいヤンキー@学校
ヤンキー後藤に絡まれる福徳。喉仏を拝まれる(笑)番長村健の異名はベッドの上のマルチーズ(笑)言い回しも可愛い!サカイシェフ(笑)太い太いボールペン?狩野、レディースの格好似合う(笑)替えがきかない部品を叩き割られるの、やだわあ。さらっと握手で和解。太い太いボールペンは川島!
・レイコ@レストラン
今日もよし子と純子は可愛いです。池田の話は聞きません。後藤に甘えようとするレイコ(笑)彼氏亘久々にキター!亘をふつうの男呼ばわりするレイコ。呼び鈴にビビるレイコ(笑)レイコを指一本で落ち着かせる亘!やっぱり池田ばっかりとばっちり喰らう(笑)\LOVEー!/亘まで顔が…!最後は池田とレイコの見つめ合い(笑)
・学校×しずる
清美と川口先生。夏休みの課題を残ってやる清美。先生に褒められたからうなじを出す清美。「今年の熊谷超えたよ!」(笑)aikoを神格化する清美(笑)川口先生は実家の米屋を継ぐことに…。やっと告白できた…!先生の実家は校門の前(笑)「ひとめぼれ10kgお願いします!」「お前んち、コシヒカリだけど大丈夫か…?」
…もう清美に会えないかと思うと寂しくて…。


清美は感動しちゃったね!歳をとったことを実感?


・旅行通ぶる2人@レストラン
三人で旅行の計画を立てる。ガイドブックを見ようとする亘をバカにする二人。「帰ってくる日が帰国」そりゃそうだ!持って行くのは、パッションと一歩踏み出す勇気だけ?地球からのキスマーク??またケンカコントはじまった。大抵のことはテキーラで片付く?
・こんにちは根岸@レストラン
そうちゃんが小6のときの話。後藤P紫のスーツて!(笑)下衆な二人。熱々おでんをセッティングするAD谷田部にダメ出す根岸。夏子ちゃんだ!父親参観の日らしい。そうちゃんは学校でいじめられてる?好っきゃないパターンもあるのね(笑)こんねぎを叱咤する後藤P。渾身のリアクションにマジ笑いするスタッフ。「素手があるがな!」かっこいい…のか?根岸をグイグイ押し、創一の学校へ向かわす後藤。泣ける!転換した!教室ではいじられる創一。作文を読む。「ぼくのおとうさん」感動する根岸の目…!そうちゃんの夢はプロデューサー(笑)


こどもがいるから泣きそうなパパ(笑)コカドの顔の古さ(笑)


・劇団ジョセフィーヌ@学校
キャラがエスカレートしてる。特に福徳。顔芸!ジョセフィーヌはブロードウェイに行くことに。池田はジャンボ、福徳はピーチ、村上はアサリ、後藤はボンベ。「別れやなくて始まりや」…なんか染みます。二代目の証としてベレー帽を川島に托すジョセフィーヌ。コッペパンで去る一同。締めも川島任せ!
・天使と悪魔と小柳@事務所
坪倉に捕まった警察のスパイである福徳。情報を売るかどうか悩む。そこへ悪魔と天使と小柳が…!「捜査情報を一旦私に預けなさい」ネットに書き込む(笑)総選挙でセンターを勝ち取る小柳(笑)フジロックで披露したものを披露。「私は小悪魔。付き合う頃には飽きちゃってる」(笑)坪倉の銃を奪う小柳。ショーの邪魔はさせない!劇団員たちも登場させることに。劇団だったんだね。野球部?主治医の村山に池田、ライバル校のスラッガーに後藤、女子マネージャーコカド(笑)応援団長柳原、後輩に村純谷田部川島。通りすがる亘(笑)GReeeeNならぬReeeedに狩野(笑)全員登場!


中岡は窓の外に十文字アキラとして登場(笑)

  • エンディング

杉山がいるー!コントには間に合わず。全員登場コントにも出れず(笑)くまだまさしと同じポジション(笑)
状況が悪くなると痛がる(笑)
メンバーの総コントは503本!!池田「みんなこの番組にかけてたからね…」…そうだよね…。
坪倉個人的にはYTB48。杉山出てない(笑)
支配人得点が一番高かった狩野のコントは、柿川鶴生62点!魚くんは34点。深夜時代の美容師は0点(笑)
内村「またどこかでお会いできるといいです!」ほんとうに!


最後はそれぞれの名場面を交えたオープニング!カッコイイ!!
「ALL YOU NEED IS LAUGH」…こんなこと出されたらそりゃグッときちゃうよ…。






深夜から約3年?ほとんど欠かさず見続けてきたので、やはり終わってしまう喪失感はかなりあります。
でも見るも耐えない姿になって終わっていくよりは、潔く幕を引く方がいいのかもしれませんしね。
またネタを貯めて改編期の合間にでも特番で復活してくれるでしょう!期待してます。
この改編期はどんどんネタ番組が終わって寂しい限り。いよいよお笑いブーム冬の時代なのかもしれない…。でも腐らずにずっとお笑いは好きでいたい、見続けて応援していきたいという気持ちは強い。
お笑いが高尚なものなんて決して思わないけれど、わたしにとってはとても偉大で大事なものです。それは変わらない。