あしたのしあわせ

はてなブログよくわからない

オリエンタルラジオ漫才ツアー「VS」札幌公演 7/3

ネタバレなしのただの感想。
ちゃんとしたレポートは書くかわからないけれど、この揺り動かされた気持ちを今メモっておかないと忘れてしまうから。
ネタバレはないけれど、これから見る人・DVDを待つ人で少しでも先入観を持ちたくない人は見ない方がいいかもしれません。







「VS」という名の素晴らしいエンターテイメントであった。
昨年「我」も同じ会場で見たのだけれど、個人的には「VS」の方が好き、というか楽しかった。
「我」は削ぎ落としに落としたノンストップ漫才だった。「VS」は個々のパーソナリティを存分に反映させた漫才になっていた。
オリラジにしかできない漫才であった。「あの二人」だからというのはもちろん、「彼らのパーソナリティ・関係性が十分浸透している」というのも重要な要素であったと思う。今でも第一線で活躍し続けてる二人だからこそできる漫才。
印象的だったのは、あっちゃんのくるくる変わる多彩な表情。
エンディングで二人の笑顔はキラキラと輝いていました。充実の証とはこのことか。
いろいろな人に見てほしい。特に特別ファンではない人。これを見てどう感じるのか、何を思うのかとっても気になる。
そしてM-1応援したくなった。去年も「中田総理」の迫力に痺れてそう思ったのだけど、今年は去年以上に強くそう思った。


漫才だけでなく全体を通して、オリエンタルラジオのドラマ性に牽かれる気持ちがよくわかったLIVEだった。ファン感謝ツアーといってもいいような。そのツアーの初日に立ち会えて光栄。
こうして地元に来てくれるのはとても嬉しい。また来年も来て欲しいな。来てくださるのなら、見に行きたい。そのスタンスは崩さないつもり。
あと気になっているのは「我」の特典映像・ブラマヨとの対談。見たい。