あしたのしあわせ

人生は夢だらけ

トップランナー

ゲスト:チュートリアル
箭内さん前々から呼びたかった?月曜夜って裏被りしてたんだ。
「漫才師」という肩書きは古風だと箭内。ふくち(笑)徳井いわく何をやってるかわからない人が嫌だから、ちゃんと漫才師だと言いたい。タレントよりも漫才師と呼ばれたい様子の徳井。
ネタは移動中に思い付くこっが多いらしい。いなり寿司の呪い?妄想ひとり旅で奄美大島へ。ラブストーリーだそう。喋りながら泣き出す徳井(笑)困るスタイリストさん(笑)続編もできたらしい。エピソードゼロ(笑)
ネタ合わせはいつもギリギリ。追い込まれないとネタができない徳井。深夜3時トイレで悩む徳井。いろいろ考えちゃう。最終的にはできあがる。福田に台本が渡るのは当日の朝!それから福田は初見のネタ数本を数時間で憶える!その能力にたけてるというか、たけなくてはならなくなった。ネタが考えられないからしょうがない。
小学生のときから宿題もやってこない人だった徳井。まぁ最悪ツッコミは「なんでやねん」でもなんとかなるから(笑)
徳井のマイブームは家電。特にスピーカー。形も性能も大きさも様々。自分がスピーカー??福田「お前が思うてるほどうまないぞ!」
福田はそうめん流しの天才?高校時代京都でバイトしてたとき、開眼した?福田だけバイト代がちょっと上がった。タイミングと量がポイントらしい。動きが(笑)
箭内、福田が徳井をチラ見してることに気付く。福田が司令塔?
京都出身の二人。ほかの人に比べても京都大好き?SHIHOは滋賀出身。京都は大阪と一緒にされたくない?
福田は親の顔色をずっと伺う子どもだったそう。手のかからない子だったそう。
徳井の父は厳しかった。
幼稚園小中高予備校と一緒の二人。お互いの第一印象。福田→徳井の印象は背が高い。徳井→福田の印象はモックンに似てる?福田「まさかのおくりびとです」
つかず離れずの関係。クラスが一緒だと仲良くなったり、離れると全然遊ばなかったり。
公務員志望だった福田。子どもの頃占いで公務員で大成功すると言われた?おかんの嘘だった!
徳井の子どもの頃の夢は社長になりたかった。自転車のペダル(笑)
高校卒業後、セト君に誘われてNSCへ。福田はそんなに詳しくは知らなかった。三角関係?福田は愛人?でも一番仲良かったのは徳井と福田。
徳井は福田を誘う気はなかった。やらないだろうと思ってたし。福田は内心自分の方が合うと思ってたが、誘う気はなく。お互い両想いだけど、気付いてないと(笑)なんだこのドラマ(笑)
NSC卒業直後にセト君が泣きながら今の彼女と結婚したいからお笑いやめると(笑)徳井もやめた。そのとき初めて福田が誘ってきたので、コンビを組むことに。ただ3年くらい期間があいた。「あの約束どうする?」不安が大きかった福田。
…福田さんが誉めると徳井さんがにやにやを堪えてるのが…すごく…気持ち悪いです(笑)
98年に結成し順調だった。関西の賞レースで常連に。ただオール2位!逆にすごい。フットボールアワーを越えられなかった。
2位止まりの理由はチュートリアル特有の突出したものがなかったから?
京進出するか悩んだ。関西ではそこそこ安定してた。福田は安定志向だった。
関西のレギュラーもどんどん新しい人が出てくるだろうから、と東京進出を決める。
2005年M-1のバーベキュー漫才がきっかけで方向性を再確認。オンバトでは低い評価だった。そのVを今初出し!2004年。…今見ると面白いけどね。
ちょっと空回ってると二人。評価されなかったけど、ネタは棄てなかった。
2001年M-1はネタ選びを間違ったと思った。2005年はネタを信じてた。
翌2006年のM-1、満場一致の完全優勝。徳井「まぁいきましたね」(笑)
悲願のフットボールアワー越え!そのときは一切話さなかったらしい。
・休みの日は?
徳井は街をぶらぶら。中目黒や三軒茶屋とか。
・最近の自分へのご褒美は?
福田はイタリア製バイクを衝動買い。230万!徳井「どこに金遣ってんねん!」お母さんにも怒られた。
今後の目標は?日々納得できる仕事がしたいと徳井。福田は徳井のどんな暴投でもキャッチしたいと。徳井「とってくれてはりますよ」(笑)
笑いとは?福田は「日常」M-1獲る前から獲った後もやってることは変わってないと。変わったのは周りの評価だけ。
徳井は「軸」。金づるて(笑)
SHIHO「ほんと夫婦みたいですね」よく言われるみたいだけど、本人らは意外そうなリアクション。