あしたのしあわせ

はてなブログよくわからない

当たり前のしあわせに感謝しませんか?

引き込もってときどき勉強したり、ブログめぐってみたり、テレビ見たり、毛布にくるまれてゴロゴロしたり。こういうのが普通のしあわせなのだなぁと思う。
お寿司の出前をとって食べる。うまくてうっとりする。農家の祖父母がくれたメロンを食べる。喉がイガイガするくらい甘い。父がどこかからもらった巨峰を食べる。渋さが癖になる。満たされるしあわせ。


気付いたら内柴選手が金メダルを獲っていた。ホッとした顔や、ガッツポーズとか、表彰台の泣きそうな顔や、スタンドで見てる奥さんと子どもとか…。グッとくる。
頑張ってる人はどうしても応援したいなぁと思う。アスリートかっこいい。ストイックかっこいい。金メダルがすべてじゃないよね。


くりぃむナントカ終わって、アメトーーク上がるて、マジすか?
テレ朝、いつになったら気付いてくれるの?気付いてるけどやめられないのか?


自分について、周りについて、いつも考えている。部屋の中をぐるぐる歩き回っている。ちょっと自分で気持悪いなと思う(笑)
自分という人は、沸点が高いなと。熱しにくく冷めにくい。水みたいだ。
感情の起伏が緩やか、というかどこか冷めてる。理解が早いというか妥協が早いんだと思う。長所であり短所である。
ミーハー心、というのがあまりないのかな。熱量のまま勢いに乗せて「好き!」とか「きゃわ!」とか「萌え!」だとか言えたら楽しそうだな…とは思う。無理だけど(笑)
一回好きになったら結構ずっと好きな傾向が。低温のまま、じわじわ。深夜ラジオがその典型。このままずっと好きでいたいな。